校長 菅原 清

 入新井第二小学校が建つこの入新井の地は、大正から昭和初期にかけて、山王、馬込あたりとともに「馬込文士村」と呼ばれ、多くの文士や芸術家が住んでいました。桜の花びらの中に「入新井2」という文字がデザインされた本校の校章は、ここ新井宿村に住んでいた日本画家、川端龍子さんに考案していただいたものです。また、「赤毛のアン」の翻訳で有名な村岡花子さんは、本校の母の会初代会長としてご尽力いただいたと聞いております。
 このように本校は、開校より95年目を迎える、長い歴史と伝統のある学校であり、二世代三世代にわたって入二(いりに)が母校という方もたくさんおいでになる、地域に根ざした学校です。
 平成29年度は100名の新入生を迎え、576名、18学級でスタートいたしました。温かく学校を見守ってくださる地域の皆様、保護者の皆様とともに、入二の子どもたちの健やかな成長を目指して教職員一同、力を尽くしてまいります。どうぞご支援をよろしくお願いいたします。