大田区立入新井第二小学

 


11月30日(水)
   音楽朝会

 30日(水)に音楽朝会を行いました。今回は、金管バンドクラブによる発表でした。
 合奏では「センチュリア」という曲を、演奏しました。クラブ活動時の練習や、朝の練習などを頑張っている金管バンドクラブによる発表は、迫力があり、全校の児童も夢中になって聴いていました。
 金管バンドクラブは12月3日(土)にアプリコにて、「第7回管楽器・合唱合同演奏会」に出演します。本番でも、今までの練習の成果が発揮できるように応援しています。
 発表の後には、全校で「あわてんぼうのサンタクロース」を歌いました。歌詞に合わせて、楽器を入れたり、振り付けを入れたりしました。体を動かしながら楽しく歌うことができました。
 次回の音楽朝会は、年明けの1月です。楽しみにしていてください。

11月29日(火)
   キャラ弁給食♪

 11月にお楽しみ給食として「キャラ弁給食」を実施しました!11月8日(火)が4年生、11月10日(木)が6年生、11月24日(木)が3・5年生、11月29日(火)が1・2年生でした。天気が良い日は屋上、寒い日は体育館や教室というように、各学年、いろいろな場所やグループ編成を工夫して食べました。

 キャラ弁には、給食委員会のキャラクターである「きゅうしょくま」、「ぶーしょくくん」が登場します。一つ一つ丁寧に給食室で作りました。

 子どもたちは、お弁当のふたを開けた瞬間「わーかわいい!食べるのがもったいないよー。」と、みんな大興奮でした。普段、給食を残してしまう子どもたちも、よく食べていました。

 「キャラ弁給食」大成功!!

11月26日(土)
  展覧会♪

 11月25日(金)、26日(土)に展覧会が行われました。
 今年のテーマは「あっいいこと考えた」です。子どもたちが楽しいことを考えたり、思いついたりした時の表情はキラキラ輝いています。そんなきらめく思いがあふれた展覧会になりました。
 保護者の皆様、地域の皆様、お休みにも関わらず、たくさんの方にご鑑賞いただきありがとうございました。

 11月22日(火)

  児童集会♪
 11月22日(火)に、校庭で児童集会を行いました。「もうじゅう狩りにいこうよ!」をしました。動物の名前の文字数だけ、人数を集めるというゲームです。学年関係なくグループを作り、全校のみんながさらに仲良くなりました。最終問題ではグループになった人たちと輪になり、運動会で1年生が踊った「ちぇっこりダンス」をしました。全校のみんなが踊ることのできる、ちぇっこりダンス!!1年生から6年生までが楽しく踊っていました。


11月16日(水)

 4年生音楽朝会♪
 16日(水)に音楽朝会を行いました。今回は、4年生の発表でした。
合唱では「ともだちはたからもの」という曲を、4年生らしくきれいな歌声で歌っていました。合奏では、様々な楽器を使い「ひょっこりひょうたん島」を演奏しました。曲の途中には、手拍子を入れるなど、体育館を明るい雰囲気にしてくれました。4年生は、18(木)に大田区小学校連合音楽会に出演します。本番でも、今日のような素敵な歌声と合奏を響かせてほしいです。
 発表の後には、4年生へのエールも込めて全校で「勇気100%」を歌いました。体育館が、入二小の元気な子どもたちの声でいっぱいになりました。
 今月は、30日(水)にもう一度音楽朝会があります。次回は金管バンドクラブによる発表です。楽しみにしていてください。

11月4日(金)

 お箸名人になろう!
 本日、栄養教諭の教育実習生による授業が、3年1組で行われました。「おはし名人になろう!」というめあてで学習しました。
 お箸は世界のどこで使われているのか、また、たたき箸・寄せ箸・わたし箸などを例に、お箸のマナーについて学びました。来週の給食の時間には、お箸の正しい持ち方について学習する予定です。

11月2日(水)

  福祉体験 4年
 
 国語「誰もがかかわり合えるように」の教材に関連して、総合では、障がいのある方々がどのような工夫をして生活しているのかを調べてきました。 
 福祉体験1回目の講話に続いて、2回目の今日は、実際に「白杖」「車いす」「手話」の3つから、児童は、2つ選んで体験をしました。 
 目の前が真っ暗になるのを初めて体感した児童。白杖体験では、「どこに何があるのか分からなくて怖かった。」「ペアの人がけがをしないように、声かけをしながらゆっくり歩いた。」と、白杖が目の不自由な方の「目」であることを、まさに、実感したようでした。 
 「段差が見えなくて怖かった。」車いす体験では、ペアのガイドヘルパー役の人に身を委ね、ガイドヘルパー役の人は、いかに車いすに乗っているペアの人を安心させられるかと、慎重に行動していたのが伝わりました。 
 二つの体験で、白杖や車いす、そしてガイドヘルパーさんは、障がいのある方の「目」や「足」の役割だけでなく、「命」をも預かっているのだと実感したようでした。 
 手話体験では、学校で学ぶ教科の手話を一生懸命覚え、手話体験ができなかったクラスのみんなの前では発表をしていました。 
 今日、障がいのある方がどんなことに困っているのか、どんなことを感じているのかを体験することができたことで、「自分にできることをしよう!」と、考えを深めることができたようです。これからの生活や学習に、ぜひ、生かしていってほしいと思います。